腹部超音波検査

腹部超音波検査

● 検査の目的

腹部超音波検査

超音波により腹部の臓器を断面的な画像として観察します。但し、膵臓など奥まった場所の臓器は観察しづらい事もあります。

● 腹部超音波検査で発見できる病気の例

①腫瘍(良性・悪性) ②結石(胆嚢・腎臓等)
③のう胞 ④ポリープ

等、様々な所見を得られます。

● 腹部超音波検査で診られる病気

脂肪肝・胆石・腎結石・良性腫瘤・悪性腫瘤・動脈瘤など

健診結果の見方ページへ
PAGE TOP
;